人気ブログランキング |

8x10ピンホールカメラ製作第3日目・・・ですが

workroomの室内の余りの暑さに・・・・・本体1個所の工作を行った処で・・・・本日は中断です
我慢して工作を続けても、作業能率が上がる訳はないので・・・

a0217029_16242228.jpg


a0217029_1625433.jpg


バックフォーカスの違う、2台のカメラ本体のフロント部分の位置を固定させるパーツの接着でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本格的にピンホールカメラを作った事が有る人は、多くを語らなくてもその本当の魅力に感動しますが
知らない人にとっては、単なる遊びの延長でしかなく・・いつまでたっても議論は平行線のままで
結論が交わる事は無いでしょう・・・・カメラ・オブ・スキュラこそ写真の原点です

さてさて、固定観念に雁字搦めに縛られ、脳細胞の柔軟性が欠如した方は外野席に座って頂いて
本日、此処では、自作4x5木製ピンホールカメラの簡単な構造をお見せします。
百聞は一見に如かず・・・・


当たり前の事ですが、絞りもワンパターンで、シャッターも手動で自ら閉じます
構造的にも余りに簡単過ぎて、詳細にご覧頂くほどの物ではありませんが
カメラが暗箱と呼ばれる所以がここに有るわけで、全てはエアーレンズ(針穴)(ピンホール)の
出来、不出来次第で決定する・・・自作木製4x5ピンホールカメラの構造は、この様にシンプルです。


a0217029_17123354.jpg



①ボディーフロント部分(前面)・・・銅板で作っつた0,2ミリのピンホールレンズ

a0217029_17154395.jpg



②ボディーリア部分(裏面)・・・4x5カットフィルムホルダー装填済み・・・撮影時裏ぶたは閉じます

a0217029_0475271.jpg


③カットフィルムホルダーを外したっところです(ピンホールの穴が見えます)


a0217029_17264235.jpg


a0217029_17275836.jpg


a0217029_17164423.jpg



④簡単でデジカメで、ピンホールの同心円の精度確認が確認出来るようになり、仕事が楽になりました

a0217029_17285427.jpg


⑤この0,2ミリの、ピンホールの穴から光が差し込み、画像を結びます

a0217029_17293353.jpg


a0217029_1731765.jpg



⑥綺麗に同心円に開いたピンホールは、歪みのない素晴らしい画像が生まれます
 我が家の門の前から、アトリエの一部と母屋が写っています・・・・workroomの窓より撮影



バックフォーカスが短い程、当たり前の事ですが広角領域の撮影が可能になります・・・・
ピンホールの場合、極端に焦点距離を短くすると円形のケラレが生じますが、この4x5オリジナルピンホールカメラは綺麗な画像を生み出しました


a0217029_115765.jpg


             (C) Photo by tairyo Ono
        
      木製4x5ピンホールカメラにて撮影   南伊豆   カラーリバーサルフィルム



ピンホールの大まかな講義は、本日はこれにて終了・・・・残りは暇が出来た時に・・・・


2011 / 08 / 11 ・   (C) Photo by Tairyo Ono



a0217029_17565671.jpg