ただただ・・・ひたすら、追い込みの作業です・・・・

水性の木部着色塗料、マホガニーブラウンタイプを塗っては乾かし、塗っては乾かしの・・・・繰り返し作業で
ある程度の木部の色調に深みも出て来たので・・・紙やすりを使いながら、接着剤の汚れや、バリの部分を
ゴリゴリとひたすら削る地味な作業に没頭しました。

木製4x5・・・・3WAYタイプのピンホールも内面の黒マット塗装も、本体のマホガニー調の
ブラウン塗装も木製8x10ピンホールカメラと同時進行で作業が・・・

これ、何に使うんだろうと思いながら購入した木工用の様々な道具類が、意外と作業効果を発揮して
今までの半分の労力で簡単に仕事が片付き、何とかと鋏は使いようでは無いけれども、ハンズの大工道具
売り場には、まだまだ使えそうな小物が沢山あります・・・・

横浜の郊外には、DIY専門の大型ホームセンターや店舗がかなり有りそうだけれど・・・
私も、そこまで暇人ではないので、態々と郊外に足を運ぶ暇も時間も有りません・・・・・
ピンホールカメラの制作の材料さえ手に入れば良い訳なので・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



何か大型の台風が、今週の半ば頃から本土に上陸の可能性が・・・・・確実とのことで
少し予定を早めて、火曜日に東京の美術館に出掛けましょう・・・・・念のため、出掛ける予定の展覧会は
例の印象派の展覧会ではありません・・・・この話は、また後日に・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


誰が当選しても同じ穴の貉達・・・・・・管カラ管のごね得の後は、影の御大将の・・・・傀儡政権の出番だそうで
どいつもこいつも叩けば埃の出る連中で、不幸社会のスパイラル現象・・・・・

まさか、まさかの・・・・空き管総理の最後っ屁・・・馬鹿面下げて原発汚染廃棄物の「中間貯蔵施設を福島に」
頭の悪さ、思慮の無さ、思いやりの欠片も持たない管カラ管は・・・・どの面下げて、東電の片棒を担ぎ
天文学的な数値の放射能汚染を黙認して、後は知らん顔が出来るのか・・・

あの沖縄から基地を無くすと大見栄を切って辞任した鳩山以上に、政権担当能力の微塵も持たないまま
大災害の壊れた瓦礫のまま、放射能ダダ漏れのまま・・・誰一人として総裁辞任を惜しむ声も無いままに・・・・
自画自賛の辞任表明を読み上げたのか・・・イタチの最後っ屁でも、もう少し遠慮が有るだろうに・・・・


我々、国民の与り知らぬ所での新総裁の決定・・・・・もし、この国に本当に本当も、神が存在するならば
・・・・民主党が勢力争いの段階で、ガラガラポンで大揉めで解体して・・・・一気に解散総選挙になれば
少しは、まともな政治家が現れそうな気がしますが・・・・・・夢は夢として終わり・・・・早晩、奈落の底に
この国は沈んで行くのでしょう・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お互いの距離を保ちながら、争いも無く・・・・・ダル君黒ネコ(♂)は次第に、お互いの存在の
認識をし始めています。
ダル君もクロ君も捨て猫のボランティアの方の手により虚勢手術も既に済んでいて・・・
至って性格は大人しそうな感じです。

始めからの野良猫だったダル君と、飼いネコで有りながら捨てられて我が家に辿り着いたクロとは
これから始まる厳しい秋から冬へと向かう、野良猫にとっての劣悪な環境を、この我が仕事場で
肩を寄せ合い一緒に暮らせば良いことで・・・全ては運命であり、神の思し召しなのです。

昨年の夏から、今年の春に掛けて次々と愛する猫達を失い・・・寂しさに、かなり、凹んで居たときに
次々と猫達が訪ねて来るようになりました・・・・・・



a0217029_434567.jpg



デジカメの撮影履歴を遡れば、ダル君が我が家の庭の餌場に始めて姿を表したのが今年の5月頃で、
好奇心旺盛なダルは人の行動を良く観察していて、6月に暗室の片付けが始まり、天井板の解体の頃には
すっかり顔なじみに・・・・今では、猛暑で仕事に為らないため、一時中断中の暗室の荷物を取りにくれば
必ず一緒に連れ立ってきては・・・何やら一人で声を上げながら、部屋中を駆けずり回っています・・・


2011 / 8 / 29 ・    (C)   PHOTO by Tairyo Ono


a0217029_591430.jpg

Commented by nori at 2013-02-07 02:58 x
はじめまして。
自作ピンホールカメラを作ってみたくて、
色々見ていたら、ここを見つけました。
何だか素晴しいですね。
ここまでいろいろ工夫されてて、何だかびっくりしています。
ひとつ、お聞きしたいのですが、
フィルムホルダーの入る箇所は、どういう風に遮光して
いらっしゃいますか?
その部分だけ、どうしてもイメージ出来なくて
困っています。
また、他の方のブログなども見て行くことになりますが、
皆さん、どのようにその部分を工作されてるのかが
とても知りたいです。

とても詳しい内容で、参考になります。
また、伺いたいと思いました。