workshopのギャラリースペース・・・・・DIY工事は無事に終了しました。

確かに・・シンプルに壁面構成に何の制約の無く、何も考えずに自由自在に釘が打てたら・・・

もっとDIY作業は簡単に終わっていたのかも知れませんが、断熱材を惜しみなくタップリと使用した
木造建築の利点である自由設計の、利点と欠点の狭間の中での最終工事の結果の壁面DIYでした。

木材ステイン仕上げの下準備は既に完了していたので、壁面にどの様な間隔で板を取りつけるか
既に有る柱と貫板の位置関係を、調べながら無駄な釘を打たずに・・・どんなに重い作品を吊るしても
ビクともしない壁面が構成できるかが・・・・・その事が、一番の心配事だった訳なので・・・・・


予定外の4x5引伸機の落札と、到着した商品の細部の修繕と引伸機本体の洗浄に、若干の時間を
取られましたけれど・・・・・ギャラリースペースの壁面構成は、水平水準器を使用しての半日余りで
取り付けが終了しました。


昨日までの部屋の雰囲気と比べると・・・・かなり雰囲気が変わりましたけれど、設計当初から
このスペースはギャラリースペースとして、予定していた空間なので、本来の使用目的に合った空間に
最終的には出来上がった訳です・・・・・


まあ全ては明日、仮眠を取った後で・・・・周りに散らばった荷物を整理してからの事なので・・・・
取り敢えず、こんな感じに仕上がりました・・・・的な・・・ビフォアー・アフターです。

a0217029_3141678.jpg


a0217029_3155964.jpg


a0217029_3181858.jpg


a0217029_3195730.jpg


a0217029_3221563.jpg


a0217029_3253927.jpg


a0217029_3262254.jpg


a0217029_3303113.jpg


作品を何も展示していない時点でも、壁面が無表情にならずリズミカルにな感じでの仕上げで
コンクリート打ちぱなしの冷たさを避ける様な、木の温もりをアクセントに・・・落ち着いた雰囲気に
最終的には自分自身が納得が出来る・・・・・ギャラリースペースが完成しました。



2012 / 12 / 02                 (C) Photo by Tairyo ONO

a0217029_3562285.jpg