2013年10月30日・・・・・友あり遠方より来たる・・!!

予めメールと電話にて連絡をくれた写真作家の友人が、Galleryに初めて訪ねて来てくれました。
彼は埼玉在住の方なので、予め私の在宅を確認のうえ来訪してくれたわけで・・・心から感謝です。

彼には、Galleryへの手作り案内状を送付していたので、多分迷子にはならないですんなり
到着するものと思っていたのですが、TELが有り・・・・如何やら迷子になった様子。

私は、自宅で自炊調理をする人間なので、周辺のこの界隈の飲食店や居酒屋に全く縁が有りません
・・・なので、我が町の商店街に居酒屋の養老乃瀧が別店舗で2軒も存在していることも知らずに
私のGalleryの分かり易い目印として、この養老乃瀧を記したのですが・・・・

京急子安駅から徒歩で3~4分で着く筈のこの養老乃瀧は、夕方からの営業で(当たり前の事だけど)昼間は
ひっそりと人気もなく、それでなくとも昼間でもシャッター通りと化してしまった閑散とした商店街は
その小さな居酒屋さえも存在は目立ちません。

子安駅から地下道をくぐれば商店街が見え、閑散とはしているものの我がGalleryに到着するまでに
不思議と2軒もカメラ屋が存在します・・・・・・。

商店街の入り口の直ぐそばにラッキーカメラ・・・・・居酒屋養老の滝の真正面に在るのが
ペンギンカメラ・・・・です・・・・・その養老の滝を正面にみて路地に入り左折すればGalleryです。

a0217029_3204846.jpg


a0217029_3222677.jpg


a0217029_3232644.jpg


a0217029_324251.jpg


a0217029_3251742.jpg


a0217029_3261998.jpg


a0217029_318718.jpg


a0217029_328991.jpg


a0217029_3405486.jpg


a0217029_3343619.jpg




まあ、細かな道順は改めて後日に任せるとして、迷子になった友人も無事に自分の足でGalleryに到着
本当に久し振りの再会を・・・・・果たしました。

彼は本音の部分で語り合える・・・私の中では数少ない、本当に貴重な存在の写真家です・・・・
写真家と云うよりも写真作家という存在での、彼の仕事を私は認めています。

久し振りの彼との熱い語らいは3時間を超え、充実した時を過ごすことが出来ました
彼の名は 日本写真家協会会員・・・・永井 勝氏です
(注)永井氏の要請により顔写真は削除させて頂きました。

彼との初めての出会いは、1989年ですから・・・まごまごすれば4半世紀の付き合いになります。
お互いが団塊の世代の年代ですから、会話も合うし・・・・彼の作品も私は好きです。

お互いの写真に対する立ち位置はかなり違うけれど、それらの事を含めて私の対人関係の中でも
かなり貴重な友人であることに間違いは有りません・・・・・
今後のお互いの頑張りを期待しながら、握手を交わし・・・彼の背中を見送りました。


10月30日は、イレギュラーな出来事で・・・壁面のDIY作業は何も出来ませんでしたが
有意義な時間をタップリと過ごせたので、少しの遅れも気にせずに明日からギアーを入れ直し頑張れます。

永井 勝さま・・・・遠路はるばる、本当に有り難う御座いました・・・・
次回もお時間があれば、またお訪ね下さい・・・・美味しい珈琲は何時でも準備しておりますので。


では、本日はこれにて失礼致します。


 

           2013 / 10 / 31          (C) Photo by Tairyo ONO



a0217029_09405.jpg