2016年4月7日・・・何十年か振りの横浜元町訪問でした。


20代の頃には、女友達とデートを兼ねての元町&山手を散策した記憶が有りました。
30代の頃からは、すっかりと横浜都民と云うか自宅アトリエでの撮影の毎日で、その便宜上
現像所は東京、納品も全てが東京一辺倒の日々で、気が付けば横浜在住なのにその距離は
日増しに遠くなり始めていました。

いま時代は大きく変化を遂げて、今では誰でもデジカメで簡単に写真撮影が出来て肩から数十万円も
するような高価なデジカメをさも自慢げにぶら提げて、機材自慢のアマチュアクラブの方々が・・・
フィルム現像所が軒並み倒産し消えて行くのも不思議な現象では無く、日常茶飯事の事ですが。

その様な時代に、モノクロ銀塩フィルムと印画紙を用いてのオリジナルプリント作品を展示した
グループ展のお誘いを頂き、最終日に何とか時間を調整して山手のエリスマン邸の展覧会場まで
桜吹雪の舞う中を出掛けて来ました。

a0217029_122855.jpg

a0217029_1232511.jpg


銀塩モノクロオリジナルプリントに拘りを持つメンバーの方々の展示作品は、その暗室作業の
大変さを誰よりも知っている私にとっては、未だ、この様に拘りを抱きながら作品を制作して
おられる方々が要らしたことに感激を致しました。

デジカメで撮影してモノクロに変換、そのままインクジェットでモノクロプリントして
何も疑問を抱かずに作品として発表している輩が多い中で、暗室に籠らなければ出来上がらない
作品制作、そして手間暇を厭わないその意気込みには素直に応援をしたいと思っています。
此れからも、頑張って続けてください。


a0217029_12251811.jpg


久し振りの元町を歩きながら、最近暗室作業が続き運動不足が続いていたので、元町から徒歩で
横浜東口まで歩くことに決めました。

春を感じさせる暖かな風に吹かれながら、ランドマークタワーを目印に桜木町を抜け少し頑張って
みなとみらい地区を過ぎ横浜駅東口へ・・・到着!!
万歩計をもって歩いた訳ではないけれど、かなりの距離は稼いだ筈です。

週末からは本格的な不眠不休の暗室作業に明け暮れますが、体力的には元気いっぱいですので
愉しみながら、暗室の人になります。

では、本日は此れにて失礼致します。

    
Apr . 07 . 2016     (C) Photo by Tairyo Ono

          アートフォトハウス・アトリエ19 
          ART GALLERY Atelier 19



 
a0217029_12493129.jpg

 
a0217029_1250818.jpg

Commented by 田畑和義 at 2016-04-14 17:08 x
先日はお忙しいところ、写真展にご来場いただきましてありがとうございました。
暗室作業を楽しみに、これからも続けたいと思います。