<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

オリジナル木製8x10ピンホールカメラの制作に入る予定でいます・・・・

身の回りの雑用続きで、すっかり予定表から外れ・・・・でも頭の片隅では、早く作りたい・・・
そして、早く撮影したい・・・それはまるで、夏休みの工作の宿題を与えられた子供の頃のように
何故か久し振りに心がトキメキ、制作を延ばし延ばしにしていた、その反動が来ています。


オリジナル木製8x10ピンホールカメラは、以前にもブログで紹介した事が有りましたが
色々な事情が起こり、本来のカメラの機能を中途で終え・・・・展覧会展示の為のスライドショーの
フレーム枠としての無残な最後・・・を遂げました・・・・


a0217029_12515899.jpg




a0217029_12534434.jpg




                        (C) Photo by Tairyo Ono

   この展覧会を最後に、このグループからは退会しました・・・・・


ピンホールカメラ本来の機能と姿を失ったまま、暫く放置状態でしたけれど・・・・
これから本格的なworkshopのプログラムの一環として、写真の原点であるエアレンズカメラ
(ピンホールカメラ)を、写真に感動し、写真を楽しむツールとして・・・・・
第2号機と第3号機を並行して制作します・・・・・


夏休みの宿題工作にはぴったり過ぎる題材で、じかんの余裕がある時期に
以前の8X10カメラバックの修復プロセスや、オリジナル8x10・4x5カットフィルムホルダー入れ
の為の鞄のように制作過程を順次ブログでUPしますのでお楽しみに・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



毎日、目にしたり、耳にするNEWSも、相変わらず御隣の国の事不祥事など笑えない程に
五十歩百歩のレベルでの、国家の一番中枢の筈である原子力担当者の偽装工作・・・・
嘘もばれなければ良しの体質は、親方日の丸の国家の指針であり、彼の共産国と同じ遺伝子か


肝心要の空カン管総理は機能不全、完全思考停止状態で・・・・延命工作の最後のサプライズは
北朝鮮訪問の突如訪問の企てか??
それ程の外交政治能力も無いくせに・・何故か、北朝鮮大好きとか・・???・・
本当に、この男の思考回路は単純配線なのかも知れません。


放射能に汚染されたこの国を、何処かの国に幾らで売り渡すつもりでいるのかは知らないけれど
この売国奴の息の根を、早く断ち切らないと・・トンデモナイ事が起きそうなキナ臭い予感がします
頼みのアメリカも、日本の心配なんかしていられないレベルの、経済破綻の国家危機


世界不況が来る気配が、皆無とは言えず、国の内外を問わず暫くは
NEWSから目が離せなくなります・・・・・



2011 /07 /30 ・     Tairyo Ono



a0217029_13324034.jpg

梅雨の始まりが早かったその分・・・猛暑の日々が、これでもかと連日のように繰り返されました。

台風が接近した後の、初秋を感じさせる涼しさに数日救われて・・・何となく猛暑の日々も、峠を越し
落ち着きを見せ始めました・・・・意外に今年は、秋の訪れが早いのでは・・・・そんな感じがします。
まだまだ残暑は厳しいのでしょうが・・・それ程大汗を流さずに、アトリエの整理整頓が出来ます。


沢山の雑誌、書類・・・・兎に角、場所をとる、不必要な品物の分類、廃棄を最優先にしたアトリエは
かなりの空間を確保できましたが、これから先の、現在使用中のworkroomの荷物の殆どを
一時的とは云え、アトリエに保管しなければ、一番肝心なworkshop設立準備の為の改装
増築工事に影響を及ぼしかねないので・・・再び要る、要らないの分別作業が始まります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



緊急報告です・・・

 

あまり詳しい事は書けませんが、この私が所有するアパート(workshop設立準備室)の一部が
TVのドラマ番組のロケ地に使用されるらしいのです・・・・

かなり大がかりなロケらしく・・・・駅周辺から、商店街一帯にかけ30~40人の撮影スタッフが
来るらしい・・・・そして、予定では私のアパートの周辺を撮影、するとのこと・・・

今現在は、詳細についてはオフリミット状態なので、撮影が終了した時点で・・・・・・改めて・・・




    2011/ 07 /29 ・       Tairyo Ono



a0217029_1784590.jpg

終わらないアトリエ・・・展を観に行って来ました・・・・

気分転換のギャラリー巡りなので、六本木の国立新美術館でも良かったのだけれども
ワシントンギャラリーの印象派展は多分相当な混雑が予想されるので、敢えてパウル・クレー展に
シフトしたのだけれど、夏休み中だったので、親子ずれの入場者がかなり多く・・・・混雑していて
相変わらず、のんびりと作品を眺める環境ではありませんでした・・・



a0217029_15455830.jpg


2011/ 07 /27 ・   Photo by Tairyo Ono

パウル・クレーの作品自体、私個人としては、其処から何かインスピレーションを得るタイプの
作家ではないので、余り感銘を受ける作品も、逸れほど無かったけれど・・・・
クレー展の混雑のギャラリー会場から逃げ出し・・・・上の階の常設展の余り見学客のいないたっぷりと
冷房が効いた部屋をのんびりと歩きました・・・・


ニコンから寄贈された、故 奈良原一高氏のオリジナルモノクロプリントがコレクションシリーズとして
これからも順次展示されるとのことでの、久し振りに初期の頃のモノクロ作品に出会えました・・・・
なかなか、質の良いファインプリントに出会えない昨今ですが、猛暑の中の一服の清涼感に
出会え、感激も新たに・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


クレー展を後にして、別段急ぐ予定も無いので・・・・・地下鉄には乗らず散歩しながら、のんびりと・・・
皇居半週の普段は歩く外堀通りを・・・・皇居のど真ん中を抜けての御散歩をしてみました・・・・


a0217029_161581.jpg



a0217029_162999.jpg


           江戸城天守閣跡・・・・・・・





a0217029_1614491.jpg



a0217029_16145690.jpg



a0217029_16183086.jpg


   忠臣蔵で有名な松の廊下・・・・・跡



a0217029_16381081.jpg



a0217029_16531682.jpg



a0217029_16541178.jpg



a0217029_16551368.jpg



a0217029_16591667.jpg




a0217029_16465195.jpg


   二重橋



ここのところ、自宅周りの後片附けに忙殺され、運動不足もあり身体が鈍って来ていたので
少しは有酸素運動の役に立ったのでは思うほどに歩きました・・・・・

東京メトロのコースで云えば、竹橋-大手町-日比谷の迂回路線を何故か思いつきで
皇居の真ん中を通り抜けて・・・・生まれて始めての道を歩きました・・・・・
何も無かったけれど・・何故か新鮮な感動・・兎に角・・江戸は矢鱈と広いし大きい街です!!

秋風が吹くころに・・・・ゆっくりと東京散歩写真の復活です・・・・・・・


(C) Photo by Tairyo Ono ・ 2011/ 07 /27


a0217029_17202437.jpg

福島原発の爆発事故の隠蔽工作と、中国の高速鉄道事故車両の解体隠蔽工作作業の映像が
印象として何故かダブって映ります・・・・・・

中国共産主義の国家プロジェクトである高速鉄道網は、技術的には日本やフランスの
パクリであっても、知的著作権はもとより、他国の特許さえ平気破る中国のモノマネ思想に
破綻が起きても、十二億人を超える多くの人口のごく一部分の命など・・・・騒ぐほどの
価値に値しない、小さな無かったことに出来るレベルの問題だったのでしょう。


福島原発の大惨事も、管政権の隠蔽体質は放射能汚染を始め、汚染牛の流通過程では、ほぼ
日本人全てが、口に入れて食し・・・・既に体内に蓄積されたデーターは止まる事を見せないほどに
広がりを見せました。

別段、今更、大騒ぎしても始まらない事で、汚染牛を食べても知らなかった事で済ませてしまい・・・・
食べても安全です・・・ならば、最期まで知らん顔をしていれば済む者を・・・今更、回収して回る
厚生省や農林省の馬鹿役人に振り回される・・・情けない日本政府です・・・・


安全なんて、簡単に口に出したりするけれど、それは、高いリスクを伴い、0,00000000001
パーセント安全ですなんて、NASA基準でもない限りそんなこと誰も本当に信じていない筈です。

最初にやせ細った牛に、見るにみかねてイネワラを食べさせて非難を浴びた家畜農家の方・・・・
さも、ワザとらしく正義感を振りかざし・・・涙ながらにTVに向かって喋っていた仕入れ業者・・・
いざ、調べれば既に数千頭の汚染牛が市場に出回り、日本人の口の中に・・・・・
放射能を浴びた麦わらを口にしながら、叩き売られ解体されて行った牛たちを哀れと思うなら
食べたからと云って、即、死に直結する訳でもないのだから・・・・食べて上げましょう。


私は、敢えて牛肉を食べて、モノの哀れさを心に刻みつけて生きていたいと・・・思います




    2011  / 07 / 26 ・      Tairyo Ono



a0217029_18362240.jpg

今日も朝から快適な気温で、この3日間は神様からの素敵なプレゼントと感謝をしながら
其方、此方の後片附けに・・忙しく駆け回っております・・が、ふと気が付けば、あと、1週間間
ちょっとで7月も終わります・・・・
再び猛暑が訪れるとの予報ですが、この3日間の涼しさで、かなりバテ美味だった、体力も回復しました。


本日も午後から、空室になったアパートの壁紙の汚れ部分の張替作業を致します。
この部屋は、後日、下の階の住人に・・・そのまま上の階に移住してもらい、workshopの為の
・・・暗室兼スタジオ兼ミニギャラリーの打ち抜き抜きワンルームの空間に為るプランです。


頭の中では曖昧だったイメージも、日々の準備が進んで行く段階で、具体的な面積や部屋の
奥行きの長さを巻き尺で図り・・・・近々に、自分なりの図面を完成させる予定です。
まあ、年内中に改築工事がが終了すれば・・・・・気分的にも、心機一転・・・・
平成24年・・・・2012年が素晴らしい幕開けに為るのかな・・・・と、云った感じです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



a0217029_1156438.jpg



a0217029_11584738.jpg



   昨日、終わらせたホリゾント撤去作業のBefore&Afterの写真を再掲載

このアトリエの、床面、壁面の修復作業は、後日に改めて遣るとして・・・・・
今月は、アトリエの室内の大幅レイアウト変更に・・・かなりの時間を取られそうな感じですが
取り敢えず、1日だけは何とか時間を作り、気分転換を兼ねてのんびりと・・・
美術館に出かける予定でいます。

         2011 / 07 / 23 ・   Tairyo Ono


a0217029_12154065.jpg

我が家の猫達も、連日の涼しさ快適さに私のベッドの上で・・気持よさげに、1日中眠っております・・・

御蔭さまで私は、朝からアトリエのホリゾント解体作業に精を出して・・・でも、重労働の割には
気候が涼しく、汗もかかずに作業も無事に、本日順調に終了しました。


a0217029_17141531.jpg


a0217029_17145287.jpg



・・・・・・本日無事に撤収作業が完了致しました・・・・・



アトリエの床面が、フラットになった姿を見るのも、よくよく考えれば30年振りの事で・・・・
アールが付いた床面は、我が家の歴代の猫達の恰好の遊び場所になっていて、水性の白ペンキが
直ぐに猫達の梅模様の足跡で汚され、また、塗り直しの繰り返しでした・・・・


我が家の猫達も高齢化が進み、昔の様なジャレて遊び回る子猫が居なくなり静かに為りました・・・が
最近やたらと我が家の一員に参加を希望している猫が・・・・現れだしました。
今でも、workroomで勝手に遊び回り、おやつをおねだりします・・・・・・


今は、自由気儘に遊び回っているので、夏の暑い季節でもあることで放任していますが
名前はダルと命名・・・・・多分、秋が訪れる頃には完璧に我が家の猫になっている事でしょう。




a0217029_1702286.jpg


    昼間だけ遊びに来る・・・ダル(かなり好奇心が強い)・・・・多分1歳位で 、我が家の末っ子ピーちゃんと同じ模様のサバ猫です ・・・・workroomにて   
 



我が家の猫は、基本的に来るものは拒まず・・・・の方針ですので、本人が飼って欲しい素振りを見せ
他の猫達が同意して招き入れれば出入りは、本人の自由意思を尊重しますので・・・・
ダルちゃんは、workshopのメンバー1番乗りになるのでしょうか・・・・・今から楽しみです!!



         2011 / 07 / 22  ・     Tairyo Ono


a0217029_17285995.jpg

   
明日からは、再び本格的な猛暑の到来とか・・・・たった1日だけとは云え、過ごしやすさは格別です・・

朝から横浜へ用事で出かけ、東急ハンズ・ヨドバシカメラ・・・買い物を済ませてからも、自宅に戻り
暗室の裏庭の片付けと清掃、workshop準備室の図面作製の為の部屋の大まかな寸法取り・・・

workshopの面積がアバウトでの2部屋分の打ち抜きで・・・・奥行きが8メートル確保出来ます
細かな部屋の採寸と部屋の見取り図は、レイアウトも考慮しながらの、これからの先の事で

肝心の図面作製は、現在、アパートに住んでいる下の階の住人が、上の階への転居が終了してから
の事ですが、一番のネックだった上の階の住人の転居が意外とスムーズに終了したので
この辺の契約上の煩わしさも、無事に終わりました。


我が家の地デジ対策は、ケーブル回線なのでアンテナ工事は必要ありませんが、大家としては
住んでいる住人達の意向を受けて、否応も無く地デジ対策工事費に15万円近い臨時出費が
嵩みます。


今月末に工事が始まるらしいけれど・・・・現在はアナログ・地デジ対応とか言って両方の電波が
見れる状態なのですが、より綺麗な画像で見る場合は地デジ対応にしなければ駄目とかで
自宅のテレビもアナログテレビのまま、地デジ工事に移行・・・・自宅分とで合計約19万円・・
私自身、テレビなんて観ている暇も無いのに、意味のない強制地デジ化でアナログテレビを
観ています・・・


大画面薄型テレビがお買い得価格らしいけれど、当分の間は自宅では余りTVを観ないので
当分の間は、アナログテレビで我慢しましょう・・・

でも、よく考えたら私のPCは地デジ対応なので、改めてTVを買う必要も無かったのでした・・・
目出度し・・・・めでたし・・・・・でした!!




2011 /07 / 21 ・     Tairyo Ono




a0217029_1891566.jpg

台風接近と云っても、雨風が吹くのは・・・ほどほどのレベルの台風ならば予め、自宅周辺の
飛びやすい品物を片付けておけば済むことで・・・・後は運命を天に任せるのが、弱い人間の
自然災害に備える生き方で・・・・・何も起こらなければ運が良かった・・・・で済まされます・・・が


いくら自然災害の規模を大きく越えた、今回の3,11の地震、津波、火災だって・・運命と諦めて
復興に向けての思考シフトを変えたとしても、目に見えない、そしていつ終わるとも思えない
放射能汚染の恐怖は、東北の海だけでは終わらない・・・海水汚染の広がりを世界レベルにまで
拡大させて、手付かずのままの・・・海中ヘドロがと高濃度汚染水のダダ漏れ放置が複合汚染の
輪を広げます。


結局は、フランスやアメリカの最高レベルの高度な技術を導入しても、止める事が出来ない
この事故は、日本が永久に背負って行く十字架で、ある意味でこれから世界中の学者たちの
サンプリングケースとして・・・・日本人≒ 放射能汚染 のkeywordで検索されて行くのでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お盆が終わってから、毎日がアトリエの後片付けで終始しています。
3台の冷蔵庫を各々の指定がスペースに移動・・・・意外と冷蔵庫が重い事を再認識しました。


何よりも問題なのは、膨大な数のカメラ雑誌と本の山・・これらは再資源として有効利用されるので
分類が済み次第、指定の廃棄場所に・・・・・


一番困るのが義理で買わされた沢山の写真集の束・・・・一度もページを開く事もなく部屋の隅に・・・
気が付けば、捨てるに捨てられず山のように・・堆く積まれ・・写真集を出す人の想いとその本を
付きあいとは云え、義理買いする人の感覚の落差はかなりのもので・・如何ともし難いものです。


まだまだ、アトリエは半分が未整理品の山で埋まっていますが・・・・予定では7月中には
綺麗に整理整頓が終わっている予定です・・・・・


アトリエに、かなりの空スペースを作っておかないと、改装工事が始まれが暗室内の全ての品物や
沢山の作品を、一時的とは言え、アトリエに全てを保管して置かなくてはいけませんので・・
その為には少しの空間でも確保せねばなりません・・・・・・


           忙中閑ありの・・・・・2011年7月20日・・・・・でした






a0217029_1674237.jpg

本当に毎日に、茹だるような暑さに辟易しています・・・・・・・
そんな暑さの中で、次々に雑用が生まれ、毎日忙しくしています。

①我がアトリエの撮影用ホリゾントの解体作業・・・・きちんとしたアールが作ってある自作の撮影用の
  ホリゾント(横幅270cm)だったのですが、アトリエでの撮影は、これから全てをworkshopに
  移行させ、暗室・撮影・ミニギャラリーの要素を一つに集約させる計画です。


撮影用ホリゾントは、土台から全てが手作りの木製でしたが、若くて元気な頃に頑張って設計から
施工の全てを独力で完成させた想い出深いものでした・・・・・

アトリエは老朽化(築42年)が進んでいますが、ワンルームの空間の広い大好きな部屋なので
暇なときには、自分でリフォームを繰り返ししているので・・・意外と住み心地も良く何も問題は
無いのですが・・・・


今回の3,11の地震で、アトリエ内部の自作の大きな本棚が、徐々に重みに耐えかね少し
斜めに傾きはじめて来ました・・・・本棚は転落防止の金具を取り付け、あの地震にもビクともしない
完壁なものだったのですが、中身の本棚自体が徐々に傾きだしたのでは致し方有りません。


アトリエの本棚周辺のレイアウト変更、修理から、要らなくなった雑誌・書籍の大量廃棄です・・・・・
暗室とworkroomに殆どの時間を取られ、アトリエの事を後回しにしていたので、又しばらくは
大掃除が再開です・・・・・


②そしてworkroomの冷蔵庫が悲鳴を上げながら息も絶え絶えに動いています。
  この冷蔵庫は、六本木の事務所開設当時に購入・・・・・以来20年以上頑張って動いていましたが
  そろそろお役御免にしてあげて、この冷蔵庫はネガの保管ロッカーとして再利用の予定です。


明日、アトリエに新しい冷蔵庫が到着・・・・・アトリエの古い冷蔵庫はworkroomに移動・・・・
新しい冷蔵庫が到着した時点で、現在の冷蔵庫の中身の食材の交換などで・・・・明日も多忙です。


本日もこれから雑誌、書籍の分類、廃棄・・・・アトリエの再レイアウト、汚れた床面の塗装と
熱中症に注意しながらのんびりと・・・・作業をしますので・・・・では、本日はこれにて・・・


2011 / 07 /16     ・     Tairyo Ono 




a0217029_1052619.jpg



a0217029_10534713.jpg




(C) Photo by Tairyo Ono

a0217029_10545328.jpg

あれだけの、激しい原子炉建屋の水素爆発が起こり・・・・破壊された原子炉の周辺の映像を見れば
・・原子炉本体の・・何ともありませんなどの、東電の言い訳も、原子力委員会の取り繕うとする嘘も
既に蓄積した大量の放射性物質の外部被爆、内部被爆のベクレル数値は計り知れないものでしょう。


だからと言って、痩せ細って行く牛に餌を与えないで、見殺しにしてさっさと置き去りにしていく
酪農家もいる中で、東電から何も補償が無いエリア外の、余り裕福とも思えない酪農家が
止むをえずに、目の前に有った干草を牛に与えた事が内部汚染に拡大し・・・日本中で大騒ぎに・・


牛肉、野菜、海産物、お茶の葉・・・・まだまだこれから沢山の放射線物質の汚染被害が出てくるのは
きちんとした調査をしていないからで、あれだけの汚染水を海に大量放棄して、今でも地中に浸み込む
高濃度汚染水の処理も全然進んでいない、毎日故障ばかりしている浄化システム・・・・・


何故か涙ながらに怒りをブチ上げた汚染牛肉を販売していた業者・・・・・何となく倒産した
あの焼き肉店の社長とイメージがダブついて・・・・・何となく嘘っぽく感じられた・・・・


本当に悲しいのは、長年かかって牛を育て上げた酪農家の、風評被害で価格が暴落する牛肉を
安く買い叩いて暴利を貪り、いつも以上の利益を上げた小売り業者が何故泣くのかが疑問・・・・です。


口に入る物だから全てが安全なんて、日本人の嘘にまみれた性善説も良いところで・・・・
賞味期限のラベルの張替なんて序の口で、無農薬野菜の嘘、食品添加物の嘘、産地偽装は当たり前
獲れた魚の産地は・・・・運んだ船が何処の港で下すか産地が変わるとのこと・・・・


日本人の得意の、本音と建前のご都合主義の使い分け・・・・・信じる奴が馬鹿なので、薄々怪しさを
感じながら、普段からあまり考えずに安物買いで、口にしていた沢山の商品・・・・・・
今更、安全、安心なんて・・・・・だったら何故、あんなに簡単に食中毒なんて起きるのか。


私は普段から外食はしません・・・・・・面倒くさくても自分で作ります。
自分の目で購入した品物を自分の手で調理する・・・・。
夏場の冷蔵庫の、怪しげな賞味期限は・・・・・即、廃棄・・・全てが自己責任で完結です


もっと冷静に、物事の判断をしましょう・・・・・牛肉が駄目なら豚でもチキンでも代用は出来ます
毎日、分厚い牛肉を口にするリッチな人は、安全なブランド牛のステーキを食べれば良い事で・・・・・


何よりも怖いのは、これから、もっともっと救いがたい・・・・誰にも知らされていない
原発の事故による、本当の放射性物質の複合汚染が日本中で始まるかも知れません・・・・・よ・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2011 / 07 /13 ・     Taityo Ono



                     そして、巴里祭が始まります



a0217029_13273750.jpg




a0217029_1329362.jpg




a0217029_13302188.jpg




a0217029_13314746.jpg




a0217029_13324096.jpg



a0217029_1334213.jpg



a0217029_13373839.jpg



a0217029_13384864.jpg



a0217029_1340356.jpg



     (C)   Photo by Tairyo Ono 1975年撮影     巴里祭




a0217029_13452820.jpg