人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

少し早い、サンタさんからの素敵なクリスマスプレゼントが昨日届きました・・・・

悪魔の囁きでポチッと落札ボタンを押してしまった・・・・本当に、最後の最後である14台目の引伸機が
天使の歌声と共にworkshopに無事に到着しました。

ネットオークションでの細かな画面を観察した範囲では、それなりの経年劣化は覚悟していたので
後は何処まで綺麗に清掃、修理出来るかの問題・・・・荷物が到着後、ポチポチクッションの梱包を開封
目視で調べたところでは、引伸機の本体に関しては、それ程のダメージも無く、充分使用可能の状態・・

付属のネガキャリアもレンズも何も問題なし・・・ただし、この引伸機の唯一の欠点は前の所有者が
暗室内での喫煙を平気で行っていた・・・・それも、かなりのヘビースモーカーだったのが、引伸機に
長年に渡り付着した煙草の脂の頑固な汚れ・・・・


水拭き程度では、そう簡単に落ちないこの頑固な煙草の脂は、天然素材である重曹スプレーを使い
金属部分に吹き付け、脂が溶けるのを待ち、時間を置いて拭きとる・・・・の作業を、幾度も繰り返す
作業・・・・金属部分を傷つけない様に、丁寧に・・・優しくが・・・基本です。

引伸機が無事に点灯したのを確認しながら、コンデンサーレンズに付着した脂や汚れを
レンズクリ―ナ―で幾度も拭きとる・・・・・余り、大切に使われていなかったと見え、ある意味で
日常の引き伸ばし機のメンテナンス方法も、元の所有者は、余り理解していなかった感じ・・・・・


まあ、この夏以降、workshopの設立準備の為に購入した引き伸ばし機は計14台計・・・
新品から始まり・・・レア―なお宝の引伸機・未使用新品同様も数知れず・・・我ながら、よくぞここまで
買い占めたものだと感心します・・・・・


そして、本当に、本当に・・・・最後の最後の手に入れたお宝は・・・・綺麗にメンテナンスが終了後の
明日に、ブログにて公開しますので・・・・・・・・

ちなみに落札価格¥10,000円+送料の激安商品でした・・・・・・おたのしみに!!



a0217029_615060.jpg


a0217029_624252.jpg


a0217029_631929.jpg


               ・・・・・横浜・・・瑞穂埠頭・・・・・・


2012/ 11 /30               (C)  Photo by Tairyo ONO




a0217029_67529.jpg

その都度、材木やボンド、木ねじ等の忘れやすい細かな材料の調達・・ついでに、キャットフードも・・・
もう、泣いても笑っても後、1ヵ月ちょっとで、私にとっての忘れ得ぬ、激動の2012年が終わりを告げます

リフォームした家は、壁面全体が断熱材で覆われた家なので・・・たいした暖房器具を置かなくとも
温かく、その意味では快適そのものなのですが・・・・ギャラリースペースのメインの壁面の石膏ボードに
簡単に釘を打つことは出来ません・・・・(石膏ボード専用の釘が必要)・・・・・

a0217029_2421583.jpg


a0217029_2425013.jpg


昨年の今頃から始まった、柱の部分だけを残しての大がかりな解体作業・・・・リフォーム工事開始から
細かな部分を含めてデジカメで撮影をしており、その後のDIYで天井を含めた壁紙貼り作業までを
写真で残してあるので、現在壁面のどの部分が断熱材に覆われて、どの部分に貫板が在るのかを
フリントアウトした写真と見比べながら作業はかなり大変ですが、文明の利器の壁裏センサーなる
便利グッズが在るので、無駄に壁面を傷つけずに作業が出来ます、

a0217029_244177.jpg


a0217029_2464266.jpg


a0217029_2491248.jpg

・・・・・・・工事途中の懐かしい写真です・・・・・・・

もう、既に壁紙を貼り終えてしまった家の内部を、写真画像でスライドショーの様に逆廻し方式で
戻るのもある意味で面白いパターンで・・・・・話題の鉄拳のパラパラ漫画を見ている感覚です。

話が逸れましたが、常時数十点の写真や絵画を展示するギャラリーの壁面とは違い、現在の時点では
あくまでもworkshopで作品の展示を・・・・と考えていますが・・・・この不景気の御時世に、わざわざ
お金のかかる、銀塩モノクロプリントの写真を始めたいなどと考える方々を募るのも、少々時代遅れ

まあ、気長に・・心から写真を愛する有志が現われるのを待つか・・・・さもなくば、お気楽に
貸しギャラリーとしてのスタイルに方向転換させるのか・・・・来年の春頃までに答えを出そうかとも
考えています・・・・・暗室は自分専用のスペースが充分あるので、実際何も困る事は無いので・・・・・・

ただ、長年の夢であった若い作家を育てる夢は・・・・簡単お手軽なデジタル写真の時代には時代遅れで
必要無いのかも知れません・・・・・誰でも、明日から、今すぐ写真家に為れてしまう時代なのですから・・


a0217029_3371121.jpg


a0217029_338667.jpg


a0217029_3383499.jpg


a0217029_3401862.jpg


a0217029_34214.jpg


a0217029_3431612.jpg


a0217029_347486.jpg
 

a0217029_3484379.jpg


a0217029_3493373.jpg


a0217029_3512041.jpg

・・・・・・改めて、ギャラリースペースの壁面の広さを、感覚で掴めました・・・・・

a0217029_354086.jpg


a0217029_355085.jpg

・・・こうして眺めると、横浜みなとみらい地区も・・・まだまだ開発途中の為の田舎町です・・



2012/ 11 /29            (C) Photo by Tairyo ONO



a0217029_410235.jpg

本来の作業スケジュールなら、この3連休の間にギャラリースペースの改装工事を終了させていた
筈なのですが・・・ステイン塗りが終了した材木が乾燥したのは良いのだけれど、何故か色合いが
薄過ぎて、木肌の色合いが何となく納得がいかずに・・・・再度重ね塗りに・・・・・

作品を展示してしまえば、当然隠れてしまう筈の位置に設置する木材なのだけど・・・・拘り始めると
妥協が出来ない自分の性格は・・・・やはり、一生治らないものなのでしょうか・・・・
まあ、今更この性格を直すつもりも・・・・・有りませんけれども・・・・・・・。

塗料が完全に乾かない材木を、壁に取り付ける訳にもいかず・・・・何となく手持ちず沙汰で・・・・
暇を持て余し気味の悪い癖で・・・何気にネットオークションを眺めていたら・・・ふと、目にとまった
興味をそそる商品が・・・少し、手を加えれば充分に使用可能で・・・激安価格の引伸機が・・。

それでなくても現状は、引伸機の展示場さながらのworkshopの暗室エリア内部なのですが
(私専用の引伸機4台・・・・その他の散光式、集散光式、そして未開封新品の合計9台 総合計13台)
幸か不幸か機材の置きスペースはまだまだタップリと余裕があり、それでなくても最近も20年以上の
長い間、酷使していた機材の同型同機種の新品同様を、新品トランス込みで格安で手に入れ新旧交代
現在20年の酷使に耐え抜いた引伸機は、自宅アトリエに於いて、暫しの休息です。

もう、正直なところ、これ以上引伸機は要りません・・・・・・の筈が、何故か・・・悪魔が耳元で
甘く囁き始をめたのです・・・・・こんな物件二度と出ないよ・・激安価格だから買っちゃいな・・・・
・・ほら、ポチってボタンを押せば簡単に済んじゃうよ~~~~~!!

   ・・・・・・・・・・・ポチっ・・・・・・と云う按配で、14台目の引伸機が数日後に到着の予定です

・・・・・1ヵ月早い、サンタさんからのクリスマスプレゼントだと心から感謝しています・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


晩秋も終わり・・・・いよいよ本格的な冬が訪れます・・・・これからが、1番大好きな季節です
私にとっては、生涯忘れられない記念すべき2012年でした・・・・

まだ終わってはいないけれど・・・次のステップに向けての助走を位置付ける為にも・・・・
日々の体調をシッカリと管理して、元気に2013年が迎えられる様に精進します!!


a0217029_234132.jpg


・・・立原8X10ウッデービューカメラ・・・時には引伸機にも変身して、縦横無尽の大活躍です・・・

・・・このブログの2012年、9月2日付けのページで立原8x10カメラを引伸機として転用している
・・・・・画像が見れます・・・最近私のブログとfacebookがリンクしましたのでブログの過去ログが
・・・・・自由にご覧いただけます。


        2012/ 11 / 26          (C) Photo by Tairyo ONO


a0217029_335273.jpg

天気予報は当たり・・・・3連休の初日は、小雨混じりの寒い一日でした。

a0217029_5525985.jpg

・・・・・・最近では、すっかり出番がありませんが・・・沢山稼いでくれたジナーF・・・
・・・・・・パーツの部品確保の為に、同じものがもう1台保管してあります・・・・・・


予め準備しておいたステイン塗りの木材は、まだ完全に塗料が乾燥していないので・・・DIY作業は
一日延期・・・まあ、急いでやる作業でもないし、本日はしっかり勤労感謝の意味を味わい、のんびりと
すべてOFFで体力・気力の充電のを・・・・・

a0217029_691128.jpg

・・・・・後は塗料の完全乾燥を待つだけです・・・・・



workshop会員登録ナンバー 001のダル君は、冬の訪れを誰よりもいち早く感じ始めたのか
私の仕事場のソファーの上の、お気に入りの猫ハウス中で・・・昼間のお散歩の疲れを癒すように
軽い寝息を立てながら・・・深い眠りに付く様に為りました。

去年の今頃は、workshopを建設する為の準備段階で・・・・自分で設計図を書いたり、沢山の荷物を
一人で移動させたりしていました・・・・もう、あの日から瞬く間に1年が過ぎ去ろうとしています・・・・

猫の手も借りたい程に忙しい毎日でしたけれど、まるで現場監督のように、その日その日の作業を
付かず離れずに見守っていたのがダル君です・・・・・

ダル君はダルビッシュ投手から付けた名前と勘違いされますが・・・・一時,YouTubeで人気者に
なった ダルマさんがころんだ の猫と同じ様に、飼い主の喜怒哀楽を理解出来出来て、人の言葉が
理解出来るお利口な猫なのです。


a0217029_5531150.jpg


a0217029_5542888.jpg

・・・・・我が家の一員になり、2年目の冬を迎えます・・・・推定年齢3歳・・・・


久し振りにのんびりと1日を過ごしました・・・・・始発電車が走る音が響きました・・・・
未だ夜が完全に明けるまでに・・・・もう少し時間が掛かりそうな、11月24日の朝です。


2012/ 11 / 24         (C) Photo by Tairyo ONO



a0217029_6194450.jpg

8X10のピンホールカメラを使い、ちょっとした遊びに撮影するのにも、1シートの単価が700円・・・・
当然1枚単位でのフィルム販売なんかする訳も無く、1箱10シート入りで7、000円です。

こんな事もあろうかと、ストックしておいたコダックの8x10モノクロシートフィルム50カット分と
同種の4X5のモノクロ50カットは・・・・ちょっとした、お宝に変身しました。

久し振りにフィルムが入荷すれば、驚くほどの値上げ・・まあ、市場の原理から云えば需要と供給の
バランスが崩れ・・・完全に、お金持ちのお道楽のレベルまで高値高騰です・・・・・


少しずつ、日常の雑多な多忙から解放されて、やっと時間にゆとりが生まれ撮影結果も、それなりに
かなり良好なので、そろそろ本格的に8X10ピンホールカメラでの撮影モードに入ろうとした矢先の
8x10モノクロシートフィルムの大幅な値上げとなりました。

まあ、ここで凹む程の柔なレベルの私ではありませんので、お宝のコダックモノクロ8X10フィルムは
大切にゆっくりと・・・通常の撮影フィルムとして使うレベルにシフトして・・・・これからの8x10の
ピンホール撮影に関しましては印画紙をフィルム代わりに使用しての・・・紙ネガベタ焼きでの制作に
変更致します。

まあ、基本8x10フィルムからのモノクロプリント引き伸ばしに関しては、殆どの方が専門業者に
依頼されての制作で・・・そのプロセスを初めから自分で遣ろうとしたら、暗室の設備投資からの
出費を覚悟しなくてはなりません。

デジタル全盛のこんな時代に・・・時代遅れの旦那芸にも似た、モノクロプリント一筋の暗室作業に
関心を示す様な粋人の会員を募るのにも、正直なところ少々疲れて来ましたが、私が主宰する
銀塩モノクロ暗室のWorkshop(写真教室)は、まだ、スタートさえ切ってはいない状態なのに・・・・・


   まあ、私の座右の銘でもある    泰然自若  日々之好日  を ひたすら貫くだけのこと!!


連休を挟んでの3日間は、DIYで workshopのギャラリースペースの壁面コーナーを
完全に創り上げて、先ずは自分の沢山の作品を徐々に展示するのが最初の遣るべき事なので
その為の材木のステイン塗りも予め済ませてあり・・・塗料の完全乾燥を待っています。


a0217029_6134530.jpg
 
・・・・・・  ウイスタ 4X5 ウッディー   なかなかの優れ物のカメラです   ・・・・・・


a0217029_6285596.jpg


a0217029_6293120.jpg


a0217029_6314580.jpg

   ・・・・1980年後半撮影のスチルライフ作品です・・・・・・カメラは ジナ―F・・・



2012 / 11 / 23            (C) Photo by Tairyo ONO 


a0217029_6384750.jpg

何はともあれ・・・・国民不在の政治屋さん達は、相変わらず私利私欲丸出しの陣取り合戦・・・
衆院選が終わり、開票結果が出るまでは・・・・出来ない嘘を平気で公約に掲げるのでしょうね。

まあ、ガラガラポ~ンを何度か繰り返さなくては・・・・いきなりこの日本と云う国が劇的に変化を
遂げるとは思えず、今よりマシの期待外れの繰り返しが・・・官僚主導で描かれる破滅のシナリオで

二つの大国の思惑の間に挟まれ、気が付いた時には、取り返しが効かない第三世界の片隅で
哀しいかな、何処かの国の植民地化・・・をしている未来の姿しか見えて来ません・・・・・

まあ、今よりマシな本当の政治家が現われて呉れる事を・・・・・期待しながら・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、久し振りにネットオークションで落札した、例の富士CF67ダイロック式カラ―引伸機が丁寧に
梱包されて手元に無事に届きました。

19日に届いたの商品の開封後の感想は・・・ハロゲンランプが切れている以外はトランスもイーゼルも
ネガキャリアもほぼ新品同様・・・・・これで落札価格が3,000円・・・・・!!
送料、保険金額の全てを合わせても・・・・・合計金額、6,000円でお釣りが来ました。

元の所有者が大切に使用していたと思え・・引伸機としては文句の付けようが無い美品です。


a0217029_2222833.jpg

・・・・・・・手持ちの新品ハロゲンランプに交換したところ問題なく無事に点灯・・・・問題なし!!

a0217029_250565.jpg


・・・・一番心配だったトランスも・・・ほぼ、新品同様で何も問題なし!!
イーゼルもネガキャリアも綺麗過ぎる状態で・・・・
・・・・以前ひどい目に遭ったリサイクル業者のLPL引伸機トのランス交換では3万円近い出費を・・・
その恨みを差しい引いてもお釣りが出るくらいの今回の落札でした。

a0217029_2251264.jpg




a0217029_335234.jpg

a0217029_2262249.jpg

・・・20年以上の酷使に耐えてくれた富士CF67ダイロックカラ―引伸機(下)は、綺麗に清掃し・・・
・・・その役割を終え・・・・アトリエで静かに余生を送っています・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

此処のところ、ブログも割と留守がちで・・・・それなりに多忙な日々を過ごしております。
先日、木枯らし1号が吹いたそうで・・・・日暮れ時、街を歩けばもうクリスマスの準備・・・

身体を壊して以後、元気を回復した私は、禁酒、禁煙、少量のアルコールさえも駄目な私は・・・
クリスマスも忘年会も新年会も関係無く・・・・今年も、静かな冬を迎えます。

年末までに遣り残しの作業は、Workshopのギャラリースペース作品展示用の壁板取り付け作業です
作品を壁面に展示する取り付け金具、レールの等を購入予定。

暫く振りに、みなとみらいのホームセンターに材木資材の買い出し・・・・他の材料はすでに自宅に
沢山のストックがあるので、再度購入の必要は無し・・・・・・

今のところ、このギャラリースペースは何ひとつ有効利用させていないので、2013年の幕開けを・・
贅沢に Tairyo ONO workshop ギャラリースペースのオープンに向けて、今、プランを構想中です。

この3連休を有効利用して、DIYに励みます・・・・・・では、本日はこれにて・・・・


a0217029_2263639.jpg


a0217029_228565.jpg


a0217029_228478.jpg


・・・・もう空も雲も冬の準備に入った様な・・・・・・日暮れの早さです・・・・・・


2012 / 11 / 22           (C) Photo by Tairyo ONO

a0217029_3472452.jpg

長い長い・・・・1年5カ月の空白の期間でした。

去年の6月2日・・・・作業途中にPCが突然壊れ・・・幾ら回復を試みても治る気配すら見えずに
ゼロからのやり直し・・・結局、長年積み重ねて構築させた・・自身のブログのタイトルまでも変更・・

昨年の6月2日を最後に・・写真家/小野 泰良 銀塩モノクロオリジナルプリント制作の旅・・
を終了させ・・新たなブログタイトル・・写真家/Tairyo Ono   風に吹かれて を構築しました。


色々な意味で・・・少しでも世の中に新しい風が吹いてくれて・・・この日本と云う国に明るい希望が
持てる様にと想い・・・自分なりのブログのタイトル付けにましたが、新しい風は吹く気配すら見えず
ますます地盤沈下・・・・日本沈没の気配すら伺える・・・この1年5カ月でした。

政権の担当能力が全くない民主党・・・私利私欲に走りダラダラと無策を続けた挙句の自己崩壊
もっと早く、このガラガラポ~ンを遣っていれば、今よりはマシな日本国に為っていた事でしょう。

a0217029_1425711.jpg

・・・2011年の6月2日の最後のブログに掲載した写真・・・・
 
まあ、何はともあれ・・・これ以上悪くならない事だけは確かな話・・・・せめて新しい風が心地よく
世の中の皆が、喩えわずかでも日々の幸福感を感じられるような国になって欲しいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久し振りにネットオークションで落札をしました・・・・・

もう売る程に沢山の在庫が在る相変わらずの引伸機ですが、今回の引伸機は例の9月の欠陥商品
ケチのついた機材と微妙に関連した、富士のCF67ダイロックカラー引伸機なのです。

此方のリサイクル業者の方は、かなり良心的な方で、今回のこの引伸機にハロゲンランプが無い事
トランスに関して通電確認がとれている事・・・・などの情報を予め正直に告知してくれた事です。

この富士のCF67引伸機は、もう20年近く使い込んだツワモノで・・・使い勝手も良くかなりの頻度で
使用していて満身創痍の引伸機でした。

以前、配線の不都合からショートして、突然にランプが切れ使用不可になりworkshopの備品
としても、もう現役使用は無理と思い込み、仕事場の片隅で忘れ去られかけていた機材でした。

9月のブログに書きましたが、例の悪質リサイクル業者から落札した台板が無くトランスが壊れた商品

その中で唯一、不幸中の幸いで・・・トランスが壊れていたわけでは無く、ハロゲンランプだけが故障原因
だった事が判明して、息を吹き返したこの引伸機でしたが・・・20年以上休むこと無く使い込んで
愛着が湧いたまま、手放せなかった富士のCF67ダイロックカラー引き伸ばし機・・・・・・

a0217029_2383823.jpg

・・・・ご覧の様に20数年使い込まれ・・・満身創痍、錆だらけの引伸機です・・・・

ネットオークションを何気なく覗いていたら・・・・・まだまだ、現役で充分に使える機材なのに
誰も関心を示さなかったと見え価格の変動は無いままで格安料金のまま、近々に私の手元に
届く事になりました・・・・感謝感謝・・・・・です。


20年近く働いてくれた、この引伸機は廃棄処分などせずに、しっかりとメンテナンスを施して
ランプとトランスを外し暫くはアトリエでゆっくりと余生を愉しんで貰います・・・

多分、私の写真家人生が終わるまで、これから届く2代目となる富士CF67のこの機材は
終生頑張って働いてくれる事でしょう!!

・・・・・モノにも命は宿っているのですよ・・・・・・・

2012/ 11 / 17        (C) Photo by Tairyo Ono


a0217029_323956.jpg

此処のところ・・・12年振りのモノクロフィルムのネガ整理と、workshop荷物の後片付けに追われ
かなりの疲労が蓄積していたので、若干風邪気味を理由に少しだけ休養をする予定でいたのですが
・・・最後まで未整理で手付かずのままで、長い期間放置状態のまま、気に為っていたアトリエの
中二階の片付けに入りました。

ほぼ5畳の広さの部屋は、ある意味で青春の想い出が沢山詰まった部屋でした・・・・
1975年に巴里から戻って来てから暫く・・・アトリエをフォトスタジオに改装してから、暗室としての
写真工房を設立したり、東京の六本木に事務所を構えたり・・・・と、今にして振りかえってみれば
時代に流され翻弄された写真家人生だった気がします。

1998年前後から、恵比寿に在った専門学校で写真の講師として教え始めてから、本来のフリーの
写真家としての仕事とは別に、渋谷の写真専門学校で教えると云う拘束された時間の、多忙な日々を
過ごし始めてから徐々に体調に変化起こし始め、ストレスで2006年に病で倒れるまで、頑張り続けた
毎日でした。

話が逸れ始めたので・・・・此処で、少し軌道修正を・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多分、この中二階で寝起きをしなくなってから、かなりの年数が経過したまま・・・・いつの間にか物置化
部屋を片付ける時間が無いままに・・・放置状態でした。

昨日、4日間を掛けて、整理分類、仕分け廃棄、個人情報に関する関する書類や古い資料は全て
シュレッツダーで細かく裁断・・・・機械が何度もオーバーヒートする程のビニール袋の数が・・・・

写真の専門学校を2箇所も教えていたので、以前にシュレッダーで完全に処分していたと思い込んで
いた沢山の書類が改めて出て来たりと・・・・そんな、こんなの4日間でした


workshopの設立準備も終わりを迎え、本格的な宣伝をと考えましたが、時代は簡単デジカメの嵐・・!!
今更面倒臭い、銀塩モノクロ写真に飛びつく・・朱鷺の様な稀少動物的な若者を探すよりも
酸いも甘いも噛み分けた、大人を相手のworkshopにシフトを変えた方が、これからの時代には
合うのかもしれません・・・・

昨日まで、私のホームページに掲載していたworkshopに関する募集要項を削除させて頂きましたが
改めて後日、皆さまの希望される自由な時間帯に沿える方向でworkshopの運営を再開したく思います
・・・・詳細が決まり次第、ホームページにて改めまして告知致しますので宜しくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0217029_3153529.jpg


・・・・マミヤRB67 4x5の撮影時のセカンド機としてかなり活躍をしてくれたカメラです・・・
・・・・良く、外国のコマーシャルフォトグラファーが手にしてる光景を目にしましたが、ポラも切れて
・・・・縦位置横位置の画面が簡単にリボルビング機構で変換できる優れものでした。
・・・・頑丈で壊れないカメラは、今でも健在です・・・・ただ、人に貸した筈の2本のレンズが未だに
・・・・行方不明のままです・・・レンズ2本を私から借りたままでもう6~7年が経ちます。

・・・・多分、私から借りた事さえも、すっかりと記憶が、忘却の彼方に記憶が消えてしまったのかも・・
・・・・渋谷の専門学校を卒業して、現在、世田谷方面に在住の方あなた、facebookを観て記憶を
・・・・呼び醒まし、もしかしてと、心当たりの方は、・・・・即、私に返却をお願い致します!!

a0217029_3455038.jpg


a0217029_3472699.jpg


a0217029_3585237.jpg


a0217029_402344.jpg


a0217029_3514424.jpg


a0217029_353838.jpg


a0217029_413940.jpg


a0217029_4271939.jpg


a0217029_4251429.jpg


a0217029_411849.jpg



・・・現在のアートフォトに到達するまでの、20数年前までは、この様な物撮りとコマーシャルで
・・・・生活を送っておりました・・・マミヤのRB67には本当にお世話になりました・・・・・・
・・・・久し振りに20数年前の写真を並べてみました・・・・人にもカメラにも歴史ありです・・



本日は、これにて・・・・

2012/ 11 / 14            (C) Photo by Tairyo Ono


a0217029_4351082.jpg

そう云えば、11月の8日は酉の市・・・・・今年は二の酉までとか・・・・

6~7年前までは、時間が出来れば東京の下町の風物詩を追うように、カメラを片手に季節毎の
出来事を四季折々の想い出と一緒に織り込んで、撮影に出掛けたものでした。

熊手を取り囲みながら、景気の良い掛け声が響く境内と雑踏に押されながら、沢山のすれ違う人々を
カメラに収めた記憶が瞬く間に蘇ります。


確かに昔と比べると温暖化の傾向が在るのか・・・記憶を頼りに想い起こしても、酉の市の夜は
もっと腹の底から凍える程に寒かった・・・・筈なのですが・・・酉の市が訪れた事さえも忘れるくらい
秋の訪れの遅い感じで・・・・・その分、いきなり冬の到来が始まりそうな気配ですね。


身体を壊してからの数年間は、すっかり出不精になって季節ごとの歳時記的な写真を余り撮らなく
為ってしまた気がしますが・・・・昨今の様に、誰もかれもが、携帯でパシャパシャ何の脈絡も無く簡単に
撮影している姿を真直に観ると・・・何となく、時代遅れの大きなカメラをバッグから出す事さえ何となく
憚れる気がします。

やっと身の回りの整理整頓に一段落が付いて、かなりの不要品の処分が終了しました。
何処に何が在るのかの、分類仕分け・・・・シール貼り・・・・IKEAの収納ボックスが大活躍でした。

まだまだ、廃棄処分にする品物は在りますが・・・・余り頑張り過ぎると自分自身も廃棄処分に
してしまいそうなので、少しゆとりを持ちながら、年末までに片付ける事にします。



a0217029_3583933.jpg

 
・・・・まだまだ、手放す事も無く現役で頑張っている・・・ハッセルブラッド500CMと503CXです・・・


a0217029_49973.jpg


a0217029_410723.jpg


a0217029_4105346.jpg


a0217029_4113227.jpg


a0217029_4122061.jpg


a0217029_413184.jpg


a0217029_4142375.jpg


a0217029_4231924.jpg


a0217029_415556.jpg


・・・・・昭和から平成に・・・・・浅草・・・・・七五三・・・酉の市・・・・


2012 / 11 / 09               (C) Photo by Tairyo Ono



a0217029_4272728.jpg

別に自慢をする訳でもないのですが・・・・独学で写真を始めて誰一人として知り合いの居ない巴里に
自分の才能だけを信じて単身で乗り込んで行ったのですから、今にして振りかえって見ても
ある意味で無謀と云えば無謀な・・・若さゆえの行動でした。

世の中に写真家としての自分の存在を認めさせたい・・今でも営々脈々と続く師弟関係、縁故関係で
成り立つ日本の写真界に対する反発は、若さから来る、驕りや昂ぶりが在ったかも知れないけれど
尊敬に値する程の日本の写真家は何処にも居なかった。

唯一人、心から尊敬している写真家は先にも後にも・・・・ダイアン・アーバス・・・ただ一人だけです
1990年 文藝春秋刊 パトリシア・ポアーズ著  炎のごとく 写真家ダイアン・アーバス は
私の仕事場の片隅に、20数年間常に置かれているバイブルの様な本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1988年にJPS展で2度目の銀賞と特別賞を受賞しました・・・・・
その時の作品を掲載します・・・・・多分、昭和の最後の年だった記憶があります。
この受賞を境にして、翌年の1989年にJPS(日本写真家協会)の会員になりました。

当時から、仕事としての自分のスタジオを持ち、それなりの仕事をしては居ましたが
写真家の知り合いが誰一人として居なかったJPSの中で、快く推薦人になって頂けたのが
写真家の福永一興氏でした。

ある意味での本格的な写真家としてのデビューが果たせたのは、JPS展と写真家・福永一興氏
御蔭でした・・・・・今でも感謝しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

口の悪い写真家仲間は、今でも公募展やコンペに出し続ける私を観て賞金稼ぎと揶揄しますが
そんな奴に限って、今でも親分の陰で美味しいおこぼれに預かる卑しい輩が多いのが日本の写真界。

写真なんて誰にも教わらなくても、自分の感性でシャッタ―切れば良いだけの事で・・・
今の様に簡単デジカメで誰でも写真が写せれば、プロもアマも存在理由すら危ういう関係
街の写真屋さんが廃業に追い込まれるのも、時代の流れから行けば避けては通れません。

そんな危機感を持った挙句に、ワケの分からない沢山の人間をfacebookに登録させて数を競い
然も自慢げに交際範囲の広さを自慢して・・・・・お前は選挙にでも出る気なのかい・・・・・??
ホントに心から・・・情けない奴らです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自宅に固定電話を持つ人が激変して、当然FAXも無い・・・・・そんな通信環境の昨今
我がworkshopの連絡先は固定電話回線がメイン・・ましてや留守電対応なので殆どworkshopに
関する連絡は何も在りません・・・・笛吹けど誰も踊らずの・・・・Photo workshop ですが・・・・・

まあ、予想どうりの閑古鳥が鳴いていますが・・・・閉鎖する気もサラサラないし、現状維持のままで
私は私の本来の、プリント制作に集中していれば良いだけのことで・・・横浜と云うローカルな土地柄
東京とは比べ物にならないくらいに情報量の少なさを痛感しております。


それでも、私を頼って本格的に写真を学びたい人が現れる日まで・・・・workshopは続けます。

コネなんか無くても頑張る気持が有れば・・・・大きな夢が実現する事を写真家を志す人に
夢の途中で諦めてしまった人に・・・・・本当の写真の愉しさを心から出来る人に・・・・
workshopの存在を知らせるのが・・・・私の役目だと思っています。




a0217029_701978.jpg


a0217029_725196.jpg


a0217029_733931.jpg


a0217029_742781.jpg


   ・・・・1988年JPS展銀賞受賞作品・・・・・・(タイトル)   過ぎ去りし夏に・・・・
   
   ・・・・・・1989年・・・・昭和が終わり・・・・年号が平成に変わりました・・・・



2012 / 11 / 06           (C) Photo by Tairyo ONO